FC2ブログ
access
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

白銀 桜

Author:白銀 桜
万華鏡、うつくしいかたちをみるもの。
映るものを、言葉に変えて。

日常、PSO2/PSUでのRP、創作など。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

【PSO2/RP】琴心剣胆【前振り的な。】
 ──ようやく商用エリアの騒ぎも落ち着いてきたみたいだな。仕込み中のBGM代わりに付けていたニュースを聞きながら、そんなことを思う。
 そこまで近いトコロで起きたことじゃなくて良かった、と思うのは薄情なんだろうな。警邏隊に知り合いが多い所為で、エンプラスとかいう奴らのやらかしたことの大きさも面倒さも漏れ聞いているし、市街地にあるこの店のことを考えても、他人事じゃないのは確かだけど……こっちや知ってる顔に被害がなかったのは、正直有難かった。
 アークス不要と大々的にぶちあげた挙句、その直後に起きたダーカーの唐突な襲来の結末は、惨憺たるもの、どころの騒ぎじゃなかった。アークス側でも転移を観測できなかった、っていうイレギュラー中のイレギュラーに、民間人、それもロクな訓練を受けていない奴らがフォトンのない得物で立ち向かうとか……正気の沙汰じゃねぇ。途中、何かの乱入があって何とか全滅の憂き目だけは回避できたらしいけど、市街地で起きていい騒ぎの類じゃなかった。
スポンサーサイト

2018.05.05(Sat) | 『新世界への切り札』 | cm(0) |

【PSO2/RP】氷の花、瞬く。【20170918/Re-play+】
 言葉にならない声が、目の前で弾ける。その声にも動じる素振りさえ見せず、容赦のない力が私の髪を掴んで、後ろへ引く。引きずられながら見た、こちらを振り返った紅い目は、今まで見たことがないほどの怒りに満ちていた。
「触れんじゃねぇ……触れんじゃねぇ、触れんじゃねぇ」
 一瞬でも会話に気を取られてしまった自分の迂闊さに唇を噛む。……私が狙われていて、そもそも会話自体が気を逸らすためのモノだったら、こんなの完全に相手の完全に相手の思うつぼで。相手がいくら神出鬼没のような真似を出来るか、ら……そこまで思って、今の状況の違和感に気付く。
「触れんじゃ、ねぇ!!」
 フォトンを込めた拳が、青白い炎のように見える。普段からは想像の出来ないその色は、灼くほどの怒りが社を焦がしているのだと、思い知る。私を“掴んだまま”の腕の主は、力任せに振り下ろされた社の腕を“すり抜け”、更にその半身をも“すり抜け”た。
「……ふふ、忘れていますのね?」
 腕の主……リザ様を真似たらしい“それ”は、私の髪を掴んだままそう言って笑う。自然、引きずられる形になった私の口からは、抑えきれなかった声がこぼれる。
「い、たっ……!」
 髪を掴んだままの力に変わりはない、でも社のコトは“すり抜け”た。……どうして?

2018.05.01(Tue) | 『名も知らず、咲き誇る花』 | cm(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。