PSO2にてまったり活動中。 RPだとかその他いろいろ雑文書きとか。
access

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

白銀 桜

Author:白銀 桜
万華鏡、うつくしいかたちをみるもの。
映るものを、言葉に変えて。

日常、PSO2/PSUでのRP、創作など。

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 今でも忘れられない背中がある。
 親が2人ともいなくなって、数日後だったと思う。
 誰もいなくなった親のベッドルームで、ぽつんと座り込んで、声もなく泣いている背中だった。
 見てはいけないんだ、と思った。
 足音を消して、そっとドアを離れようとしたとき、持っていたトレイを壁にぶつけて。
 背中が1度、大きく跳ねた。
「……イブキ」
 振り返ったその人は、少しだけ赤い瞳で、優しく笑っていた。
 差し出した、少しぬるくなったホットミルクを飲みながら、その人の手はずっと、髪を撫でてくれていた。
 ――自分がガキなのが、嫌だった。
 出来ないこと全ての理由が、自分がガキだからとか、どんな悪い冗談かと思っていた。
 早く、何より早く、大人になりたかった。
 1人で何でも出来て。
 1人で何でも叶えて。
 1人で誰でも守れて。
 ――そんな大人に、なりたくて仕方なかった。
⇒ Read More
スポンサーサイト
 ――簡易検査と精査を数回。それだけであたしはアークスとして登録された。
 2年前、おぼつかない足で歩き回ったシップが、今度はあたしの居場所になるなんて……割と悪夢も、安っぽくなってきたのかしら。
 今思い出しても、軋むような、穿ち抜くような痛みが忘れられない。
 ねぐらだと聞かされていた部屋には、生活を思わせるものは何一つ残っていなかった。
 部屋の中にぽつんと残されていたのは、ボールドのリボンを左の柄に結んだ朧だけだった。
 同室だったという男性からそれを受け取り、どうやって市街地まで戻ったのかは、覚えていない。ただ1つのことだけが、頭から離れなかった。
 2年近く、時間も生活もお互いも共有したのに、――本名すら、知らなかった。
 何処の誰だか判らない男と、何処の誰だか判らない女。
 何となく一緒にいて。
 何となく身体を重ねて。
 何となく、このままずっと居られると思っていた。
 ――勝手な、思い込みだった。
⇒ Read More
* HOME *
Brush by BrownBetty