access
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

白銀 桜

Author:白銀 桜
万華鏡、うつくしいかたちをみるもの。
映るものを、言葉に変えて。

日常、PSO2/PSUでのRP、創作など。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ファンタジースキーさんに100のお題…004.大神殿
 ……毎度のことながら、ここに来ると背筋が伸びる。伸びる、というよりも伸ばさずにいられない雰囲気がここにはある、そう思う。
 真新しい衣裳が、どうも身体に馴染まない。やっぱり今まで着ていたのにすればよかったんだろうか。でも、母さんがあちこち皹きれた手で差し出した衣裳を拒むことが出来なかった。母さんがひとり、身を粉にして稼いだお金が、この一着の、白絹の衣裳に化けたのを知っていたから。どんなに貧しくとも、絶対にこの衣裳だけは着せたかったのだと母さんが笑った時、涙が零れそうになった。けれど、泣かなかった。泣けなかった。母さんが笑うから、私も笑わなきゃいけないと、涙を心の隅で凍りつかせた。そして、笑って家を出た。母さんをひとり、残して。
 今、本当に自分の持ち物だといえるのは、この衣裳と自分の身体だけだった。



スポンサーサイト

2005.03.08(Tue) | ファンタジースキーさんに100のお題 | cm(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。