PSO2にてまったり活動中。 RPだとかその他いろいろ雑文書きとか。
access

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

白銀 桜

Author:白銀 桜
万華鏡、うつくしいかたちをみるもの。
映るものを、言葉に変えて。

日常、PSO2/PSUでのRP、創作など。

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ……押し殺す声が聞こえる。静まり返った部屋の向こうから、小さく。堪えきれなかったらしい微かな嗚咽に、軽く首を横に振った。
 ルームシェアをしている同居人たちがそれぞれの事情を抱えていることは知っている。詳しく聞かなくても、僅かに翳る表情に、察知できることがある。1人はコールドスリープ中、その方が多分諸々考えた時に安全だろうっていう判断でもあったけども。けれど、もう1人の姐さんはコールドスリープするはずの予定を変えて、毎日忙しそうにしていた。……忙しくしてたのかも、しれない。
 2年前にソーンを発った、オレも顔馴染みの兄さんから、全く連絡が来なくなって随分経った。傍から見ても判った、ゆっくりと縮まっていった距離をまた突き放すように、毎日は過ぎていく。厳重なメディカルチェックを毎月義務付けられて、大した自由が利かない中、アークスとしても孤児院の助っ人としてもあちこちで動きながら、それでも姐さんは笑みを絶やそうとはしなかった。
「……こーゆー人から、崩れちまうんだろうな」
 できるだけ物音を立てずに、コーヒーを淹れる。持ち主のいない部屋を横切って、閉じたドアをノックする。ドアの向こうで、慌てる気配がした。
⇒ Read More
スポンサーサイト
目が覚めると、視界が真っ白だった。一瞬自分の居場所が判らなくて、真っ白な中を見回す。もがくように目の前にかざした腕が素肌なのにまた混乱して、……そこでようやく昨夜のことを思い出した。シーツの海をかき分けて、顔を出す。カーテンを透かす光はもう、朝の光だ。
見慣れた部屋のベッドの上、下着姿でシーツにくるまって……なんて言えばすごくそれっぽいけれど、別に艶っぽい理由じゃない。
軽く額を押さえて、ベッドに凭れて眠ってしまっている横顔に小さく舌を出した。
⇒ Read More
 年に1度、とはいえ……これだけの量のチョコレートを相手にすることもないんじゃないかしら。
「おねーちゃん、チョコ固まりそー!」
「慌てなくていいわよぉ、湯せんかけてるからそう簡単に……って溢れるわよそれ」
「わー!?」
 ……施設の女の子たち相手にバレンタインお菓子教室を開いて、もう3年ほどが経つ。定番のチョコカップに、シリアルチョコに、ブラウニー。小さい子達でも作った達成感は凄いものらしい。顔のあちこちにチョコレートを跳ね返しながら奮闘する女の子たちを、戸口の辺りで立ち入り禁止を命じられた男の子たちが一生懸命覗き込んでいる。
「おねーちゃん、できたー!」
「ん、上手に出来たわね。ちゃんと固まるまではそっとしておかなきゃよぉ?」
「焼けたよー、おねーちゃーん!」
「はいはぁい、ほら、熱いから離れてねぇ?」
 オーブンを開けると、熱気と共にチョコレートの香りが広がっていく。女の子だけじゃなく、男の子たちからも歓声が上がるのが可愛らしくて笑ってしまった。
⇒ Read More
「……また」
 腕に浮かんだ、何かの回路のようにも見えるフォトンを指でなぞった。いつもなら隠せているはずのそれは、いつになく煌めきを増している。目を細めながら、腕のフォトン痕を見つめる。いつものように集束をイメージしても、弾けるようにその集中が解かれてしまう。今までにはなかったことに、躊躇いと不安が落ちた。
 止まりかける手を動かして、支度を続ける。けれど選ぶ服は、いつもより腕の隠せるものに自然となっていく。それに気付いて、鏡の中の顔が苦笑した。
⇒ Read More
「おかえりなさーい!!」
 ドアを開けたら、波のように声が溢れだしてきた。子ども達の、満面の笑みが視界いっぱいに広がる。……気が付けば、笑顔になっていたらしい。迎えてくれた子ども達の顔が、更に明るくなった。
「おねーちゃん、荷物持つ! 持つよ!」
「おねーちゃん遊ぼー! 早くー!」
「あのねあのね、おねーちゃん、えっとねっ」
「ちょ、……ちょっと待って、荷物置かせ、あ、ちょっと、待っ……引っ張らないの、危ないから、ね?」
 数人の子に引っ張られ、背中に抱きつかれ、手にしていた買い出しの荷物を落としそうになる。あ、卵割れる……子ども達の勢いを止める間もなくて、少し諦めかけたその時、バランスを崩しかけた身体が浮いた。
「ほーら、お前ら! せめて荷物置いてからにしろー?」
 軽々とこちらを支える腕を見上げると、笑っている優しい赤い目と合った。
 
⇒ Read More
 静かな昼下がり。外で遊んでいるはずの子ども達の声が、ぴたりと止んだ。嫌な予感に速足で外に出ると、声をかける前に子ども達がこちらへ逃げてくるところだった。たくさんの泣き顔に、その子達を庇っていたらしい大きな子の頬には、赤い跡が残っている。震えているその子の頭をそっと撫でると、部屋に戻るように促した。
⇒ Read More
 そのメールは、唐突だった。
 聞き覚えのない着信音に端末を開くと、目に飛び込んだのは『反応消失』の文字だった。
「……は?」
「……どうした?」
 案じてくれた声が遠い。……何度も、何度見ても、この手の文字に慣れることはないのだろう。手が無意識に、トランザーの中を探し出したのに、まだ気付かないでいた。
⇒ Read More
 1日1回だけ。――折れそうな心を手離さないために決めた、くだらない習慣。
 お店が暇になる、午後3時。コーヒーか紅茶を2人分淹れて、端末を手に取る。香りを胸いっぱいに吸い込んで、カップをゆっくり傾けて。今は亡き人たちを偲びながら、今帰らない1人を思いながら、同じ文字を辿って綴る。
 辿る指が小さく震えるのを、深呼吸でそっと宥めながら。
 祈るように、そっと送信を押した。
⇒ Read More
 広報部が持ってきたとかいう企画……アークス学園だったか、本当はもっとよく判んないようないかがわしい名前だった気もするけれど。それに乗っかって、久しぶりに制服なんか着させられて。ついでに貰った資料を酒の肴にしようか、なんて。何となく端末を弄りだしたのが、あたしの運の尽きだったんだろう。
 年表を辿る目が、10年前の日付に釘付けになる。
 『10年前の死闘』なんて、それらしい名前で飾られたその日。
 ――あの日から、あたしは失い続けているのかも、しれない。


⇒ Read More
 今でも忘れられない背中がある。
 親が2人ともいなくなって、数日後だったと思う。
 誰もいなくなった親のベッドルームで、ぽつんと座り込んで、声もなく泣いている背中だった。
 見てはいけないんだ、と思った。
 足音を消して、そっとドアを離れようとしたとき、持っていたトレイを壁にぶつけて。
 背中が1度、大きく跳ねた。
「……イブキ」
 振り返ったその人は、少しだけ赤い瞳で、優しく笑っていた。
 差し出した、少しぬるくなったホットミルクを飲みながら、その人の手はずっと、髪を撫でてくれていた。
 ――自分がガキなのが、嫌だった。
 出来ないこと全ての理由が、自分がガキだからとか、どんな悪い冗談かと思っていた。
 早く、何より早く、大人になりたかった。
 1人で何でも出来て。
 1人で何でも叶えて。
 1人で誰でも守れて。
 ――そんな大人に、なりたくて仕方なかった。
⇒ Read More
* HOME * NEXT
Brush by BrownBetty 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。